受診ご案内 当院のご案内 診療内容 内視鏡検査の特色 胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査 患者さまの声

土曜日・日曜日も経験豊富な専門医による内視鏡検査を行っています。


胃内視鏡検査

胃ガン・大腸ガンはなかなか症状が現れにくい病気ではありますが、定期的な内視鏡検査により早期発見・早期治療を行えば根治できます。積極的に検査を受ける事をお勧めいたします。
胃内視鏡検査は、30歳を過ぎたら年に1回お受けになるようお勧めしています。



胃内視鏡検査は苦痛だってホント!?

そんなことはありません。
検査は5〜10分くらいであっという間に終わってしまいます。



なぜ苦痛と感じるのか?

胃カメラの苦痛は内視鏡検査のスコープが喉の奥を通る時に起こる【反射】、喉をスコープが通ることによる【違和感】、胃の中を空気で膨らませることによる【膨張感】等が原因と言われています。しかし、内視鏡装置の改良や検査技術の向上により、検査に伴う苦痛は軽減してきました。



当院の検査では苦痛はほとんどありません!

当院では、全ての内視鏡医が豊富な経験を持ち、患者さんに対する思いやりと優しさを持って内視鏡検査にあたっております。
内視鏡という異物を挿入するという事から、時に苦痛が生じることがあるため、鎮静剤を使用することによってほとんどの患者さんが苦痛なく検査をお受け頂けます。



鎮静剤を使用した場合の注意点

検査後、意識がもうろうとしたり、眠気を起こしたりすることがありますので十分お休みして頂きます。回復までの時間には個人差がありますので、自動車・バイク・自転車でのご来院はご遠慮下さい。

胃内視鏡検査のながれ

まず、スプレーで喉に麻酔をかけ、次に胃の動きを抑える薬を注射します。患者様一人ひとりにあった鎮痛・鎮静剤を調合し、「苦痛を伴わない検査」を基本としています。
↓↓↓
口にマウスピースをはめて、検査開始。5〜10分ほどの時間で終了です。検査の途中、必要に応じて組織をとり、さらに詳しい検査をする場合もあります。
左の肩を下にした体位で行います。
↓↓↓
検査後は、回復室でお休みいただけます。
最後に画像を見ながら説明を受けて終了です。




胃内視鏡検査の費用

■胃内視鏡検査のみの場合
1割負担 1,500円くらい
2割負担 3,000円くらい
3割負担 5,000円くらい
■組織検査を行った場合、上記の費用に加算されます
1割負担 1,200円くらい
2割負担 1,500円くらい
3割負担 3,500円くらい




ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

みなとみらいケンズクリニック 胃内視鏡検査

Copyright(C)minatomiraikensclinic.All rights reserved.


WCL